女子1位のラウラ・ロゴラ。リードは男女ともにイタリア勢がランキングトップに立った

ロゴラが僅差でトップ。ガンブレットは2位【リード女子|世界ランキング】

 9月16日~21日の世界選手権を終え、IFSC(国際スポーツクライミング連盟)は公式サイト上で公開している各種目の世界ランキングを更新した。

 リードの女子では、世界選手権で銅メダルを獲得したラウラ・ロゴラ(イタリア)が五輪女王のヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)を30ポイント上回りトップに立った。リード男子ではステファノ・ギソルフィが1位に立っており、イタリア勢が男女で1位となった。同選手権でロゴラとともに表彰台に上がったナタリア・グロスマン(米国)は3位、ソ・チェヒョン(韓国)は4位と軒並み上位につけている。日本勢最高は6位にランクインした谷井菜月。

 現行の世界ランキングは、世界選手権とW杯で一定の順位以上に入った選手にその大会と順位に応じたポイントを付与し、直近に行われた各大会のポイント合計値をランキング化したもの。毎年1月1日時点の各種目上位10人には、その年のW杯に国別枠とは違うIFSC枠として優先出場権が与えられる。

 リード女子の上位20人、並びにランキングに名を連ねている日本勢は以下の通り。

<世界ランキング|リード女子>

1位:ラウラ・ロゴラ(イタリア)5250
2位:ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)5220
3位:ナタリア・グロスマン(米国)4695
4位:ソ・チェヒョン(韓国)4495
5位:ヴィータ・ルーカン(スロベニア)3430
6位:谷井菜月(日本/橿原学院高等学校)3370
7位:ルチカ・ラコヴェッチ(スロベニア)2875
8位:エリスカ・アダモフスカ(チェコ)2690
9位:アレクサンドラ・タコバ(ブルガリア)2385
10位:阿部桃子(日本/相模女子大学)2310
11位:サロメ・ロメイン(フランス)2152.5
12位:モーリー・トンプソン・スミス(イギリス)2132.5
13位:野口啓代(日本/TEAM au)2105
14位:ジェシカ・ピルツ(オーストリア)2090
15位:ブルック・ラバトゥ(米国)1895
16位:ディナーラ・ファクリディノワ(ロシア)1885
17位:ミア・クランプル(スロベニア)1695
18位:キム・ジャイン(韓国)1690
19位:ラナ・スクセク(スロベニア)1655
20位:ジュリア・シャヌルディ(フランス)1645
――――――
21位:中川瑠(日本/金蘭会高等学校)1515
27位:野中生萌(日本/XFLAG)1090
36位:伊藤ふたば(日本/TEAM au)825
38位:田嶋あいか(日本)687.5
46位:森秋彩(日本/茨城県山岳連盟)535
47位:平野夏海(日本/日本体育大学)512.5
61位:廣重幸紀(日本/福井県山岳連盟)290
63位:小武芽生(日本/エスエスケイフーズ)271
65位:高尾知那(日本/愛知県山岳連盟)247.33
71位:柿崎未羽(日本/明法高等学校)183
82位:大田理裟(日本/山口県山岳・スポーツクライミング連盟)120
94位:工藤花(日本/山形県山岳連盟)56
127位:小池はな(日本/川口市立高等学校)22
138位:栗田湖有(日本/新潟県山岳協会)15

※左から順位、氏名、所属国・先、ポイント

CREDITS

編集部 / 写真 © Jan Virt/IFSC

※当サイト内の記事・テキスト・写真・画像等の無断転載・無断使用を禁じます。

back to top